TOP  会社案内  会社の歴史(沿革)

会社の歴史(沿革)

会社設立まで

1952年 4月当社の前身・鴻江医療器(株)が設立(創業は1922年)される。
1960年頃ベビー用品の仕入と地元の百貨店への卸売を始める。
1964年 9月赤ちゃんの城を商標登録してベビー家具の卸売を始める。
1967年 7月縫製場を設置してベビーふとんの製造を始める。

会社設立以後

1970年 2月鴻江医療器(株)のベビー部門を分離、(株)コーノエベビーを設立。
1974年 8月縫製工場を移転拡大してベビー衣料の製造を始める。
1982年 2月(株)赤ちゃんの城に社名を変更。
1986年 2月ベビー家具事業から撤退、新生児衣料に本格参入する。
1990年 1月社是と経営理念を制定。
1996年 1月祖業のベビー用品仕入卸から撤退し、レイエットメーカーを宣言。
1998年 5月本社工場を現在地に移転。
1999年 3月ドクターズレイエットを商標登録して産婦人科病院と取引を始める。
2001年 8月ISO9001をベビー子供服業界で初めて認証取得。
2005年 11月久留米市より「仕事と家庭の両立支援事業所」として表彰される。
2008年 11月CAD/CAMを導入。
2014年 6月「子育てサポート企業」にベビー子供服業界で初めて認定される。