TOP  出産・育児について  赤ちゃんのお祝い・行事

赤ちゃんのお祝い・行事


古来よりお産が軽いとされる犬にあやかり、妊娠5ヶ月目の最初の『戌の日』に腹帯を締め、神社などで安産祈願をします。
一般的には「岩田帯」、水天宮では「鈴乃緒」と呼ばれています。

・ 豆知識 ・
月に一度、新しい物と交換している鈴乃緒(御社殿の鈴に下げてある晒しの布)を、その昔おさがりに頂いた妊婦さんが腹帯にして安産祈願したところ、とても安産だったそうです。その御利益が人づてに広まったと言われています。
赤ちゃんが誕生して7日目の夜に、命名と健やかな成長を願って祝宴を行います。「命名式」、「名付け祝い」とも呼びます。
赤ちゃんの名前を記した命名書を神棚や床の間に飾り、尾頭付きの鯛・お赤飯などの祝い膳を用意してお祝いします。
※ 命名書は1カ月間飾り、そのあとは大切に保管します。
※ お七夜は、お母さんの体調・生活が落ち着いてから催してもよいでしょう。

・ 豆知識 ・
平安時代、出産後三日・五日・七日・九日目の夜は産養といって、親族縁者から衣服や食物が贈られ祝宴が催されていました。祝いに用いる奇数の数字は陽数といい、陽は万物を生成させるといわれています。
赤ちゃんが生まれて初めて氏神様に参拝する行事です。
お宮参りの時期は地域によって様々です。
赤ちゃんとお母さんの体調や、当日の天気をみて参拝するとよいでしょう。
「お宮参り」の詳細はこちら

・ 豆知識 ・
土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に、赤ちゃんの誕生の報告と健やかな成長を祈願します。
昔は生まれた子供が正式に氏子として、また社会の一員として認めてもらう、大事な儀式でした。
一生食べ物に困らないようにと祈りを込めて赤ちゃんに食べさせる儀式です。
家族の一員としての仲間入りを祝い、初めて母乳以外を口にする日です。
※祝い膳を用意し、赤ちゃんの口元にお箸をつけて食べさせる真似をさせます

・ 豆知識 ・
生後百日前後で祝ったことから「百日の祝」(ももかのいわい)とも呼ばれています。
赤ちゃんの食生活が、飲むから食べる(離乳食)に移る目安でもあり、離乳食食器として使える食器を選ぶのもよいでしょう。
赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句のことで、健やかな成長を願ってお祝いする行事です。
江戸時代、三月三日は女の子の節句(桃の節句)と定められ、五月五日は男の子の節句(端午の節句)として行われてきました。
初めての節句ですので、お住まいの地域によってお祝い方法は異なりますが、赤ちゃんの大切な人生の節目として、両家の祖父母を招いてお祝いをしてもよいでしょう。

・ 豆知識 ・
もともとは「節供」という字の「節」は季節・季節の節目にある特定の日のこと。「供」は供物、特別な日に神様にお供え物をし、人を集めて食をともにするのが節句の習わしです。
端午の節句の菖蒲湯や、ひな祭りの流し雛などには、もともと神様を鎮めたり魔除けの意味があります。
赤ちゃんの無病息災を願って、満1 歳の誕生をお祝いします。
昔は現在のように毎年誕生を祝う習慣が無かったので、赤ちゃんが生まれて初めて迎える誕生日だけは盛大に行われていました。
お祝いの方法は地域によって異なりますが、もちを赤ちゃんに背負わせたり、踏ませたりする習慣は現在でも広く行われています。
江戸時代の頃には、すでに麻で出来た産着を赤ちゃんの健康と健やかな成長を願い、着せていたといいます。
麻の香りは虫除けに効くため、実用的な意味もあったようです。
麻の葉を図案化した正六角形の幾何学的模様には、すくすくとまっすぐに伸びる麻にあやかり、赤ちゃんが元気で健やかに成長するようにとの願いが込められています。
昔も今も変わらない、あたたかい親心と日本の伝統が受け継がれているのです。
縫製のこだわり